士業の人材育成

デジタル化と人材育成の変化

世の中が大きく変わるにつれて、士業の世界も新しい常識が次々と生まれています。デジタル化が進む世界で、士業もその流れに乗り遅れてはいられません。
デジタル化に適応した新しい法律が次々と登場し、ソフトやアプリの使用が必須になっている今、最新情報のキャッチアップと、その速度への対応が求められています。そのため、事務所では業務内容のみならず、新しい流れについていける人材を育成することがとても重要になっています。難しいかもしれませんが、これを行うことが競合に差をつけ、クライアントに更なるサービスを提供する機会にもなります。
そして、人材を育てることは新しい知識の教育だけでなく、スタッフがモチベーションを高め自分の将来にわくわくできるキャリアプランを立てることも含まれます。
育成されたスタッフは、新しいアイデアや知識を事務所に持ち帰り、作業の効率を大きく向上させてくれます。こうして、自分のキャリアがしっかりと成長していることを実感できると、より長く働きたいと思うようになり、事務所も安定し成長していくことにつながります。
士業では、他の業種と比べてスタッフ数が少ないため、バランスよく成長の機会を提供することの重要性が際立ちます。

カリキュラムの作成

では、具体的にどうすればよいのでしょうか。
士業で活躍し、クライアントに喜ばれるためには、税金や法律の知識だけでなく、デジタル化への対応能力、コミュニケーション能力、問題を解決する力も非常に重要です。
そのため、現場で直接役立つスキルを身につけられるようなプログラムの作成が重要となり、こうすることで、知識だけではなく、実務に活かせる能力もしっかりと身につけることができます。
また、個々のスタッフにはそれぞれ夢や目標があります。管理職を目指す人へのリーダーシップ研修や、専門家を目指す人への実践的な業務知識の提供など、一人ひとりの目標に合わせた学習機会を追加提供することで、意欲的に学習できるだけでなく、それぞれの夢に近づける実感も生まれます。

実践研修の活用

ただ、本を読んだり講義を聞くだけでは、現場で必要とされる知識やスキルを習得することは難しいです。
そこで、実際に起こった事例をもとにしたケーススタディを用いる学習法を取り入れることで、学んだことをどのように実務に活かすかを具体的に理解することができ、その知識の再現性を高めることができます。
また、経験豊富な先輩から直接学ぶことは、新しい知識を習得する上で最も効果的な方法の一つです。事務所内でメンタリング制度を整え、教える側も評価されるような環境を作ることで、学びの幅が大きく広がり、職場内の連携も強化されます。
さらに、定期的にスタッフの成長を確認し、何がうまくいっているのか、どの部分にまだ改善の余地があるのかを共に検討することも大切です。アンケートによるフィードバックの収集や、研修前後のスキルレベルの測定などを通じて、成果を可視化し、さらなる成長のためのヒントを見つけ出しましょう。
人材育成は、スタッフ個人の成長だけでなく、事務所全体の雰囲気向上にも寄与し、それがクライアントにも伝わります。時には少し距離を置いて全体を見直す機会を設けることも、大切な業務の一つとなります。

しくみラボ大須賀

しくみラボ大須賀

税理士事務所専門COO代行。開業~100名以上の事務所で集客・サイト構築から・組織設計・業務フロー再構築・採用・教育・新規事業立ち上げまで。税理士業界が大好きなオタクです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP